え?!こんな働きかたも?お医者さんの働き方改革!!!

医師の本音と現実とのギャップ

高齢化社会の進行にまつわる話題が度々のように取り上げられています。先進国の中でも突出して高齢化の波が押し寄せている日本では、待ったなしの課題といっても過言ではありません。高齢者が増えることにより、医師の果たす役割も大きなものとなることは当然といえるでしょう。
なりたい人全てがなれるというものではないのが医師という職業です。引く手あまたの状況となった医師にとっては、さまざまな働き方の選択肢があることも事実。他の職業の人からみれば、羨ましいと思えるかもしれません。そんな医師の中にも、自らの職場での待遇や収入などについての不満や物足りなさを持つ人も少なくないのです。より良い環境のもとで働きたいという思いを持つ医師がいても不思議ではないでしょう。

地方山間部を救う医師のバイト

医師の中には、バイトをしている人がいることをご存知でしょうか。その数は決して多くはありませんが、注目に値するといえるかもしれません。中でも目立つのが、週末だけ地方山間部の診療機関に赴くという医師の存在です。このような取り組みについては、地方山間部の医療を支える上では、とても大切な活動といえるでしょう。ただでさえ都市部と比較した場合に、医療サービスが不足していることは否めません。医師の数自体が少ないことに加えて、設備機器の普及などについても遅れをとっている施設がほとんどです。そんな地方山間部にとっては、医師のバイトは大いに歓迎すべきこととして受け入れています。当事者である医師からすれば、小遣い稼ぎにもなるとして好評です。