求人探しから採用まで!!チェックすべきポイントとは?!

自分がどれだけ働けるのか確認すべし

医師不足が叫ばれる昨今ですが、医療の現場では過酷な状況が続いています。そういった中で、医師も自分がどのように医療に貢献するのか、働き方を見直す時期が来ています。難しくなっている医療現場を改善したい医師が多数なのではないでしょうか。
ただ、困っている人を放っておけない医師や救急医療に携わる医師は、休むことを好みません。しかし、医療ミスが起こると日本の医療システムの不信につながり、患者にとっても苦しみが増すことになります。そのため、医師のワークライフバランスが重要になってくるのです。
ここで、医師は自分を一人の患者とみなして仕事と生活について診断することが重要です。自分は仕事に週何時間取れるのか、どういう時間帯なら働けるか、家族を犠牲にしていないか、など自分のことを客観的に見ることが医師にとって重要です。

医師が注目すべき働き方の多様化

では、医師は仕事を選ぶときどのような項目に重点を置くべきでしょうか。
もちろん、自分が専門としている科の求人かどうかは重要です。ただ、求人で最も注目すべき点は、理想のパフォーマンスができる環境かどうかなのです。
年間休日が明らかに少ない求人の場合、医療の現場も活気がなく、場合によっては殺伐としています。また、連続で勤務している時間が長ければ長いほど、集中力が低下し医療の質も低下します。医療に貢献するための行為が、仇になってしまうこともあるのです。
そのさなかで、現在多くの職業と同じように医師も働き方が多様化しています。必ずしも常勤の医師を続ける必要はありませんし、一定の年齢から非常勤に切り替わって成功している医師もいます。
医師の働き方について、従来の枠にとらわれずに最大限の利益を得られる求人を選択をし、納得して採用されましょう。